iPadとApple Pencilを使った私の動画学習の方法

仕事や勉強をするときに、動画を見て学習される方も多いと思います。

私も学習するときは、よく動画教材を使ってます。

動画で学習するときは、以前はパソコンで動画を見ながら、スマホのメモアプリを使って気になったことをメモしてました。

ただiPadとApple Pencilを買ってからは、iPadのメモアプリにApple Pencilを使ってメモを書き込んでます。

このiPadとApple Pencilは本当に便利です。

そこで今日はiPadとApple Pencilを使った私の動画での学習方法をご紹介します。

 

私が買ったiPadとApple Pencilについての記事はこちらです

➡️iPad+Apple Pencilを購入して1週間!使ってみた感想

 

ipad applepencil

 

学習方法

私が動画で学習するときは、

iPadを分割表示にして、左画面で動画を流して、右画面でApple Pencilを使ってメモをとっています。

この学習方法で用意するものは、

  • iPad(Apple Pencil対応)
  • Apple Pencil
  • メモアプリ

の3つです。

 

手順は、

動画を起動する

メモアプリを表示する

iPadのSplit View機能で画面を分割して動画とメモアプリを左右に表示する

左画面で動画を見ながら、右画面でApple Pencilを使ってメモアプリに書き込む

 

やり方

それでは具体的なやり方をご紹介します。

まず学習する動画を起動します。

今回はYouTubeで行います。

 

YouTubeを起動後、画面下から上にスワイプして他のアプリを表示させます。

 

そしてメモアプリを右上にスワイプして画面を二分割に表示させます。

(私はGoodNotes4というメモアプリを使ってます。もちろんApple純正のメモアプリでも大丈夫です。)

 

 

 

右画面がメモアプリです。

表示したメモアプリを横にスライドすることで割合を半分または7:3に変えることができます。

今回は半分に表示させます。

 

あとは左画面でYouTubeを見ながら、右画面でApple Pencilを使ってメモアプリにメモしていきます。

 

利点

この学習方法の利点は、大きく2つあります。

1つめは、メモをするときになるべく動画から目を離さずにすむことです。

紙にメモしたり、スマホなどの他の端末を使ってメモをするときは、どうしても動画から目を離してしまいます。

この方法はメモをする画面のすぐ隣に動画を流しているので、動画からなるべく目を離さずにメモをすることができます。

2つ目は、用意する端末はiPadだけで良いことです。

紙や他の端末を用意する必要はないです。

またパソコンでも同じことができるのですが、持ち運びが楽で手軽なiPadでできるところにメリットがあります。

 

 

まとめ

今日は動画学習するときに、iPadとApple Pencilを使ったオススメの方法をご紹介しました。

iPadとApple Pencilをお持ちの方で、動画を見て学習されるときは、一度試してみていただければと思います。

 

※この記事は、投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

IT
税理士松田健一のブログ