コワーキングスペースのドロップインを利用してみた!思ったより快適!思ったより集中できる

先日、コワーキングスペースのドロップイン(一時利用)を利用してきました。

思ったよりも快適で、思ったよりも集中できました。

今日はこのコワーキングスペースを利用したときのことについて書いていきます。

 

 

コワーキングスペースを探す

私は税理士として完全独立したときは、別の場所に事務所を構えず、そのまま自宅で開業しようと思っています。

ただ、自宅だけだとどうしてもダラダラしてしまったり、外部との接触も少なくなったりと、良い意味での刺激も少なくなります。

そこで外で仕事ができる環境が欲しいなあと思い、オフィスをシェアして使うコワーキングスペースを探すことにしました。

早速調べてみると、コワーキングスペースは流行っているのか、大阪にいくつもありました。

そのなかで、場所やサービス内容、値段などを比較し、いくつか気になったものをピックアップして見学に行ってみたところ、雰囲気も良く値段もリーズナブルなところを見つけました。

すぐにフリーで使える定期会員を申し込んでも良かったのですが、そこは会員にならなくても一時的に利用できるドロップインというサービスもあり、しかも1時間270円から利用できました。(調べたところ500円ほどするところが多いです。)

お試し利用にはかなり適していたので、とりあえずドロップインで利用することにしました。

 

利用してみて感じたこと

受付を簡単にすまし、1時間料金を払っていざ利用開始です。

フリーデスク制なので、空いている席に自由に座るシステムです。

私以外にお客さんが10名ほどいたのですが、みんな集中して自分のことをしています。

私も早速空いている席に座り、自分のノートパソコンを広げて仕事をすることにしました。

実際にその空間で作業をしていると、思ったよりも集中できました。快適だったのです。

静かな空間で一人黙々と仕事をするより、ほどよい人数がいる空間のほうがなんとなく落ちつきます。

 

また1時間のみの利用だったことでわかったことがあります。

それは時間に制限があったほうが、圧倒的に集中できるということです。

今回は1時間しか利用できません。しかもお金を払ってその空間を買っています。変に無駄にできない気持ちが生まれました。フリープランにするとこうは感じなかったでしょう。

時間に制限をかけて、プレッシャーを与えることは、時間の効率化になることをこの体験で確認することができてよかったです。

 

まとめ

今日はコワーキングスペースを利用したときのことについて書いてきました。

この利用体験から感じたことは、コワーキングスペースは思った以上に集中できるということです。

静かすぎず、ほどよい快適な空間です。同じように仕事をしにきている人もいるので、刺激にもなります。

また一時利用であるドロップインは、1時間にいくらといった感じで、フリープランより明確に時間に対してお金を払います。よって否応でも時間に追われる環境となり、結果的に効率化に繋がります。

当初は時間がフリーで使える定期会員を考えていたのですが、ドロップインの利用も良いと思います。

どちらにするにしろ今後もコワーキングスペースを積極的に活用していきます。

 

※この記事は、投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

税理士業
税理士松田健一のブログ